iphoneが日本でシェアトップの理由とは


統計によると、日本でのiphoneのシェアは世界的にトップになるそうです。日本での携帯電話・通信のシェアトップはNTTドコモですが、それを軽々と上回るほど、iphone(アップル社)の出荷台数のシェアは大多数を占めていたそうです。

iphone買取に関する画像 

 iphoneの新機種が発売されて購入者数が増加したのももちろんですが、日本でこれほどiphoneが売れるのは、欧州においてアップル社の手強いライバルとなっているサムスンが、日本ではほとんど販売力を発揮していないことが大きな要因であると考えられています。サムスンはdocomoと提携し、アンドロイドOS搭載の機種を販売していますが、欧州ではアップル社を脅かすほどの存在であるにもかかわらず、日本では同じ土俵で勝負していないに等しいのです。そのため、iphoneを携えたアップル社の独占状態となり、売り上げが拡大したと考えられています。

 docomoは13年度はiphone取り扱いに参入してきませんでしたが、いずれはその他の携帯電話会社と同じく、iphoneの市場に参入してくる可能性も否定できません。

カテゴリー: iphoneの市場について パーマリンク

コメントは停止中です。

他にもこんな関連記事があります